生活習慣を見直して便秘解消|やっぱり食物繊維が有効

女性

2つの効果を得られる

ウーマン

無理をしないこと

人間は、普段の食生活で知らずのうちに体の中に毒を溜め込んでいる。蓄積されると代謝機能が落ちて、体や肌に影響するという。毒を溜め込まないために、固形物を取らずに過ごすファスティングで肝臓や胃腸を休ませると良い。内臓の働きが正常化されることで、人がもつ本来の浄化作用がいかせるという。長期間おこなう本格的なファスティングは、かえって体にダメージを与えてしまうおそれがある。1日、2日だけでも内臓を休ませることができるという。長期間チャレンジしたい人は、少しずつ日数をのばして体を慣れさせていく。痩せる上に内臓が良くなることがファスティングの利点である。ダイエット効果が早く表れ、デトックス効果も高まり、一石二鳥と言われている。

刺激は控える

ファスティング中食べられないことでイライラして、ストレスが溜まってしまうこともあるという。食欲を抑えられない場合は、ヨガやストレッチを取り入れて精神統一する。イライラした気持ちが穏やかになり、かたの力が抜けてリラックスできる。ファスティング中は体力が低下しているので激しいスポーツは向いていない。心臓に負担がかかり、ひどいと倒れてしまうこともある。部屋中をアロマの香りでいっぱいにして過ごしたり、読書をして集中しているうちにあっという間に時間は過ぎていく。ファスティング中は、刺激の強い香辛料も控えなくてはならない。内臓を休める目的が、香辛料で刺激されて胃腸をダメにしてしまうこともあるので注意する。